2009年07月15日

山鉾で食べられる唯一の粽

祇園祭で配られる粽は、厄除けとして玄関先につるしておくものです。

ですから、中は空洞になっています。

観光客から、なぜ食べられないのか?といった声を受けて
黒主山保存会の大田正樹理事長が、山鉾で唯一食べられる粽を
出すようにしたそうです。

1日100本限定で1人2束まで。

・購入場所=黒主山(京都市中京区室町通三条下ル)
・期間=7月14〜16日、午後5時から
・価格=1,200円(1束3本入り)
・お問い合わせ=075-221-2800(財団法人黒主山保存会)


(京都新聞より)
ラベル: 祇園祭
【関連する記事】
posted by よっちー at 15:00| Comment(48) | 祇園祭の粽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

粽(ちまき)

祇園祭では、笹で作られた「粽(ちまき)」が山鉾の近辺で
販売されています。

この「粽」には、「開運」「縁結び」などといったご利益と
厄除けとして玄関先につるすもので、来年の宵山まで1年間、
玄関先に飾っておきます。

一部の山鉾では、この「粽」を購入もしくは、入場料を支払うと山鉾に登ることができます。

timaki.jpg
ラベル:祇園祭 京都 山鉾
posted by よっちー at 22:23| Comment(0) | 祇園祭の粽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宵山を浴衣で楽しんでみましょう

祇園祭のハイライトは、17日の山鉾巡行ですが、
忘れてはいけないのが、「宵山」です。

「宵山」の楽しみ方として、浴衣を着て出かけてみませんか?

多くの女性は浴衣を着て宵山を楽しみますが、最近では、
若い男性も浴衣を着る人が増えてきています。

カップルで浴衣を着て「宵山」を楽しむ人が
多くなっています。

京都の夏を満喫できると思いますよ。

KIF_4437.JPG
posted by よっちー at 15:55| Comment(18) | 浴衣で楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。